関連書籍

DADに関する書籍の一覧です(文責:藤井智弘)。

  • 「ディシプリンド・アジャイル・デリバリー エンタープライズ・アジャイル実践ガイド」 bigbook-jp
    アマゾンはこちら:http://amzn.to/2dGgYT4本家DAD本の翻訳です。海外の関係者の間では、”The Big-Book”と呼ばれている模様(そのまんま)。DADの歴史から見ると、本書に記載された内容が、バージョン1.0とされています。各種の決定事項や選択肢(メリット/デメリット)については、表形式で一覧化されており、これ以降Webサイトでのアップデートでは表形式を取っていないので、こっちのほうがわかりやすい気もしなくはない・・・(個人的所感ですが)。
  • Introduction to Disciplined Agile Delivery: A Small Agile Team’s Journey from Scrum to Continuous DeliveryIntroDAD_
    Amazon(US)はこちら :http://amzn.to/2dGiKUeThe Big-BookがあまりにBigなので出版された100ページ前後の本。前編ケーススタディの体裁で、DAD導入~実践までの流れを説明しています。The Big-Bookにも何章かケーススタディがありましたが、その発展形。DADの想定しているエンタープライズアジャイルってどんな感じ?を手っ取り早く知るには良い本です。2016年10月初頭時点では、日本語翻訳作業中という状態。
  • エンタープライズ・アジャイル実践入門 ThinkIT Books1115170060-170x
    アマゾンはこちら :http://amzn.to/2dGiJzm筆者が勤務しているヒューレットパッカードでは、アジャイルチームの支援ツールとして、HPE Agile Manager(AGM)という製品を出していますが、その利用解説本。WebサイトThinkITでの連載に加筆修正したもの。作業の流れを説明するために、公式にサポートしているSAFeを使わず、DADを使うという公私混同の激しい書籍。そもそもツールの画面を豊富に入れて使い方を説明するのがこのThinkIT Booksシリーズの狙いなのに、「シリーズ史上類をみない文章の多い本」と編集長に言わしめた一冊。当然方法論のほうを目当てに読んだ方から、「ツールの説明でがっかり」と書評に書かれるていたらく。

 

LINEで送る
Pocket