カテゴリー別アーカイブ: セミナー

DAD説明会は、”怖い”のか?

さる10月24日、縁あってQConTokyo2016で、ディシプリンドDevOpsをネタにしたセッションの機会を頂戴しましたが、その後の懇親会の場である方に言われたのが、
DAD説明会への申込みは、”怖い”と思われているのではないか?
という点。すでに数件依頼をいただいていたので、
へ? ”怖い”?
って感じだったのですが、その方曰く、どうやら怖いと思われる要因は以下の2つのようで・・・

  1. ベンダーに勤めている人がただで説明会に来てくれるってこと自体が、なんだか”怪しい”。その後どどどって、営業がやってくるのではないか?
  2. 講演料とか払わなくてもいいのだろうか?なにか魂胆があるのではないか?

「うーむ、みんなそんなに筆者のことを理解しているのか」・・・じゃなくて、「おじさんは、怖くないんですよ〜」と理解していただくために、ちょっと補足説明しておきます。

まず、1について。
ご依頼いただいた場合には、基本的には筆者(ヒューレット・パッカード所属)が伺いますが、スケジュール等合わない場合には、DAD本翻訳メンバー(ゼンアーキテクツさんとか豆蔵さんとか)に依頼することもありえます。その意味でも特定のベンダーやツールに依存した話はありません。
説明会の趣旨はあくまでもDADをご理解いただくことにあり、DADを売りに伺うわけではありません。DADの有効性を理解いただきチャレンジする方が増えていけば、自然とビジネス機会が増えていくという捉え方です。ですから、筆者もこの活動に関する限り、交通費等のコストはすべて自前でやってます。

で、2.の費用面について
まず、講演料を頂戴することを前提条件にしてはいません。あくまでもボランディアですから、無料でも全然結構です。もちろん、「払いたい」と言っていただいたものをむげにお断りするような非人道的な振る舞いに及ぶことはありません。その額の多寡によって講演者の熱意・集中力・説得力等が影響を受けることは、たぶん、おそらく、あまりめったにありません(と予想はしていますが、確信となると・・・)。

ただし、以下の場合には、費用負担をお願いする可能性が高いです。
・ちょっと交通費がかかっちゃう場合
一応、都内(23区周辺)を前提に考えているので、交通費がやや多めにかかる場合、実費程度のご負担をお願いする可能性は高いです。あらかじめご承知おきください。

・宿泊が必要になる場合
例えば、時間帯によっては講演後宿泊が必要になる場合もあるでしょう(大阪で午後8時開始みたいな)。交通機関の発達した日本ですから、日帰りできるエリアはかなり広くなっていますが、そういうセッティングはできるだけご勘弁を。

あ、もうひとつ。これまで、「ボランティアなので出来れば夕方で・・・」と申込みページに書いていましたが、「一緒に開発するベンダーさんも含めて聞きたいから、早い時間で出来ないか」とリクエストされることもあり、今後午後の早い時間での開催リクエストにも対応させていただくことにします。

 

・・・ということで、敷居は低く設定していますので、ぜひ遠慮なさらずに気軽にお声がけくださいませ。

記)藤井智弘

Pocket

QCon Tokyo2016で、ディシプリンドDevOpsの講演やります。

来る10月24日 QconTokyo2016(http://www.qcontokyo.com/)というイベントで、ディシプリンドDevOpsについて講演する機会をいただきました。

タイトルは、「DevOps導入&実践の落とし穴ーDisciplined DevOpsに見る体系的アプローチ」

DADのDevOpsについては、すでにブログのほうで連載モノを翻訳&公開していますが、DA2になって正式なコンテンツとして組みいれられています(現在翻訳中)ので、それと連動した内容にしようと思っていますので、ご興味のある方は是非。

いちおう筆者の所属する会社(日本ヒューレット・パッカード株式会社)の人として出るので、一部会社の戦略やアプローチが入りますが、基本はDADベースで。

Pocket

DAD x BABOKセミナースライド公開

10/1にKBマネジメント様主催の「アジャイルBABOK®特別セミナー」にて、「Agile meets BABOK」と題して、ディシプリンド・アジャイル・デリバリーにみるアジャイル・ビジネスアナリシスについてお話しさせていただきました。
BABOKの知識体系をDADのプロセスでどう活用できるか、その可能性と考察を実プロジェクトへの適用事例をベースに説明させていただきました。

Pocket

”DAD本”の歩き方

7月16日、DevLOVE#134にてDAD本出版記念の会を開催して頂きました。
その際に使用した資料「”DAD本”の歩き方」を公開します。
「エンタープライズの真ん中にアジャイルを置く」DADの考え方とともに、「知の道具箱」としての構造と目的を紹介しています。

Pocket

DAD@IBM Innovate2013

IBMのソフトウェア開発のイベントInnovate2013@オーランドに参加しています。

DADの共著者のひとりMark Linesもいました。パシャリ!いぇい!!

8946232365_1ff43054c3_o

今回のイベントでは、IBMがDADを強く推している、ということがよく分かります。
というのも、いままでもこのイベントはチェックしているのですが、いままでは”DAD”というよりもアジャイル全般で語られていることが多く、以下のような印象を持っていました。 続きを読む

Pocket

デブサミ2013[15-C-5]セッション資料公開

Developers Summit 2013のブックセッションにて、DAD翻訳チームメンバーでもあるIBM江木氏によるセッション「ディシプリンド・アジャイル・デリバリー ~エンタープライズ・アジャイル実践ガイド~」が行われました。

続きを読む

Pocket