使用可能なソリューションを構築する

この構築のプロセスゴール(http://www.disciplinedagiledelivery.jp/construction-goals-2/)は、利害関係者の現在のニーズを最も満たすソリューションを、チームが構築・構成する方法について提示する。使用可能なソリューションとは、単に出荷可能であるというだけでなく、使い安く利害関係者に求められるものだ。このゴールは開発作業における計画、分析、設計、プログラミングを扱う(他の側面はゴール「デプロイ可能なリリースへ近づける」で扱われる)。
次に挙げる重要な点を考慮する必要がある。
  • 私たちはどのようなプログラミングアプローチをとるか?
  • 問題空間をどのように探求するか?
  • 我々はどのようにアーキテクチャを決定し設計するか?
  • どのように共同作業を計画するか?
  • 私たちのソリューションが、使用可能であることをどのように保証しますか?
オリジナル:Produce a Potentially Consumable Solution
LINEで送る
Pocket